外付けhddの不具合が発生したら専門家を頼ろう

データを救う事は可能です

磁気ディスク

会社などではデータの処理をするときに業務によって外付けhddを複数使い分けて仕事をするといったことは日常的に行われています。こうした業務のデータを保存した外付けhddが不具合を起こすという可能性はゼロではありませんので、信頼できるデータレスキュー会社などをあらかじめ調べておくのがベストです。

データ復旧サービスを使う

周辺機器

データ復旧サービスを活用する事で、外付けhddの不具合を解消する事が可能です。このサービスでは、様々なストレージに対応する事が出来ますので、必要に応じてサービスを使っていけば、業務を直ぐに再開して継続していく事が出来ます。

PCデータバックアップ

パソコン

ハードディスクに故障や不具合が発生すれば、最悪データが完全に消失する事を常に認識しておきましょう。簡単で便利な外付けhddですが、しっかりと考慮して使用しなければ大変な事になります。もちろんウイルス等についての検査なども重要です。また、万が一の際には専門業者に頼ることも大切です。

外部記憶装置

固定ディスク

現在では動画データや多くの顧客データを扱うことも増えてきていて、hddはよりデータ容量の大きなものが必要になっています。それ故、手軽にデータ容量を増やせる外付けhddは、必須アイテムにもなっているのが現状です。又、データのバックアップを行う際には、内部のhddよりも簡単かつ分散保存することでデータクラッシュなどのリスクを軽減できるとも言われています。購入して使う場合にはNTFSのフォーマット済商品を使いますが、特定の機種用として4GBまでのフォーマットはFAT32でなされている場合もあります。この場合には4GBの容量制限がある上、ファイル名の禁則文字があるため、それらのデータを外付けhddで扱えません。この場合には改めてNTFSでフォーマットをし直すことで解決します。最近は外付けhddの耐衝撃性が増し、振動で不具合が起きる割合は減って来ています。熱には弱く不具合が発生する場合もありますが、それに備えて冷却ファンの搭載されたタイプも登場しています。

外付けhddは、内蔵のドライブとは違って簡単に接続できるという特徴を持っています。内臓のhddの容量が少ない場合に接続して利用され、内部のデータを他の機器に移すことが簡単に出来ます。現在では接続にはUSB3.0という転送速度の速いものが主流になっていますが、以前のUSB2.0もまだ多くのところで使われています。外付けhddの不具合は以前に比べて減っていますが、全く起動しない、読み込みできないといったトラブルは皆無ではありません。個人での対応が困難な不具合は、復旧技術のある専門業者にお願いするのが良いでしょう。修理業者であれば、外付けhddが起動しない理由を探り当てて、データを壊さずに復旧させてくれます。成功報酬制をとっている業者が多いので、データが復旧するまで最後までしっかりと面倒を見て貰えます。修理に要する期間は外付けhddの状態で異なるため、ある程度の期間データを触れなくなるという点も心得ておきましょう。

Copyright © 2016 外付けhddの不具合が発生したら専門家を頼ろう All Rights Reserved.