ロゴ

多言語翻訳は海外ビジネスで必須!翻訳の必要性を知ろう

はじめに

翻訳会社が対応しているのは、何もビジネス文書だけではありません。下記の文書にも対応しているので、翻訳してもらいたい文書があれば、依頼してみるといいでしょう。

翻訳できる文書

  • 学術論文
  • 公的文書
  • 特許・契約書
  • ビジネス文書
  • マニュアル

海外の取引で重要視されている多言語翻訳!

パソコン

需要が高まる多言語翻訳

近年、世界的にグローバル化が進んでおり、各国でのビジネスが海外へ進出することも多々あります。それは日本も例外ではなく、経済成長が著しい中国や世界最大のマーケットであるアメリカなどを対象に、多くの企業が国家を超えて幅広く取引を行なう時代になりました。そうした背景から、最近では多言語翻訳が注目されつつあります。やはり、国外での取引では、世界の公用語である英語をはじめ、沢山の言語に精通してなければ、取引はおろか話すらできません。しかし、ビジネスの為に、多言語に対応しているスタッフを数人配置させるのは費用がかかり、企業としても懸念する問題が沢山あるはずです。実際、そのような理由から海外での取引を翻訳会社にてサポートしてもらうという企業も多いです。

女の人

海外取引に役立つ翻訳会社

海外企業もしくは国と取引を行なう場合、外国語でのコミュニケーションは必要不可欠になります。その為、社内にビジネスで使用する言語に精通しているスタッフを配置する企業も少なくありません。資金が十分である場合にはそういった手段も取れますが、実際に継続して雇うには、年間で数十万円から百万円以上の人件費がかかってしまいます。ですが、翻訳会社が提供している多言語翻訳サービスの場合は、月間で15000円程度から高くても30000円程度の費用で翻訳に対応してくれます。その為、人件費を大幅に減らすことができるのです。また、翻訳会社の場合、取り扱っている言語の数も豊富にあり、多い会社ですと50ヵ国語以上の言語に対応しています。その為、海外ビジネスで多言語翻訳が必要な場合には、翻訳会社を利用してもいいでしょう。

翻訳に関するQ&A

男の人と女の人

翻訳会社ではマイナーな言語にも対応している?

翻訳会社にもよりますが、マイナーな言語にも対応している会社も当然のことあります。翻訳したい言語がある場合には、事前に問い合わせしておくといいでしょう。

翻訳って時間差があるのでは?

対応させて頂くスタッフが、ノータイムで翻訳してくれるので、時間差を感じることはほとんどありません。スムーズに会話したいという方のための、翻訳サービスになります。

翻訳にかかる料金はどれぐらい?

言語の数や利用時間によって変動するため、料金自体は固定ではありません。気になる場合には、専門業者のホームページから料金を調べるといいでしょう。