翻訳会社のサービスを利用するメリットとは
ロゴ

海外ビジネスで頼りになる翻訳会社!3つのメリットをご紹介

翻訳会社のサービスを利用するメリットとは

パソコンを操作している人

企業間の信用性が高まる

海外の企業とは、日本語以外の言語でやり取りを行なうことが一般的です。その為、言語や翻訳の知識が浅く、先方とのやりとりで不手際があれば、こちら側の過失となってしまうケースも少なくありません。そうなると企業の信用問題にもなり、今後のビジネスに悪影響を及ぼす可能性も高いです。ですが、翻訳会社に依頼すれば、クオリティの高い翻訳文を先方に送ることができるので、当然企業間の信用性は高まります。

アルファベット

品質を高めることも可能

言語の翻訳で良くありがちなことが、並べられている文章をただ訳すだけということです。プライベートでは、ニュアンスさえ伝わればいいかもしれませんが、ビジネスにおいては単語の言い回しや細かいニュアンスまで理解する必要があります。また、翻訳ミスによる間違った情報を発信してしまえば、企業の信用を落とすことになります。翻訳会社では、単語の言い回しや細かいニュアンスまで理解し、翻訳文を完成させてくれるので、正確な文書を送ることが可能です。

メンズ

人材を有効的に活用できる

海外ビジネスのために、翻訳担当者を配置したり、自らが翻訳業務を行ったりするとなると、内容を理解するのにも時間がかかってしまいます。そうなると他の業務に支障をきたすということも十分に考えられます。しかし、その点、翻訳会社に多言語翻訳を委託することで作業効率も良くなり、時間短縮にも繋がります。人材を有効的に活用できるというのも、翻訳会社の魅力の一つでしょう。

翻訳会社で依頼が多い言語5選

PC
no.1

英語

世界で最も利用されている言語といえば、英語に並ぶ言語は存在していません。それほど、英語は公用語人口も多く、貿易・経済から商業まで幅広く使われている言語になります。

no.2

中国語

最近では、中国ビジネスの発展も目覚ましく、中国語の翻訳依頼もかなり多くなっています。中国語を母体とする人は国内だけでも約12億人で第二言語としても約2億人が使用してます。

no.3

日本語

日本は世界でも先進国にあたり、国際経済に与える影響も非常に大きいです。しかし、言語自体は難解で外国人にとって難しく感じるようです。よって、日本の翻訳を依頼されるケースも少なくありません。

no.4

フランス語

フランス語はヨーロッパ地方で使われている公用語で、フランスだけにとどまらず、スイス、ベルギーとその他諸国を中心に29ヶ国で公用語になっています。国際連合、欧州連合の公用語にも認定されているほど、重要な言語といえます。

no.5

ポルトガル語

ポルトガル語は、ブラジルの公用語にもなっており話者人口は2億人を超えます。また、ポルトガル語は複数の大陸にまたがって使われる数少ない言語なため、翻訳される機会も多いのです。