多言語翻訳サービスの選び方!サービス導入の注意点
ロゴ

自社に合った多言語翻訳サービスを見つけよう

多言語翻訳サービスの選び方!サービス導入の注意点

女性

翻訳するのが人か機械か

多言語翻訳サービスを利用するにあたり、まず翻訳会社がどのような方法で翻訳しているのかに着目しましょう。例えば、翻訳するのが機械やツールであればミスがなく、翻訳に時間がかからないかもしれません。ただ、機械だと単語の使い回しや細かいニュアンスまで翻訳できない可能性もあるので、機械翻訳の会社は注意が必要です。

社内

納期も大切な要素

また、ビジネスで多言語翻訳サービスを利用する場合、納期の早さも非常に重要なポイントです。仮に、クオリティが高い文書を作ってくれたとして、納期が半年後とかだと、翻訳を依頼する意味がありません。先方に迷惑をかけないためにも、迅速に対応してくれる翻訳会社を選ぶべきでしょう。

PCを操作している人

専門知識での分野

翻訳会社によって蓄積されている専門分野での知識は全く異なります。当然、同じ翻訳をする会社でもノウハウが異なれば、翻訳された文章に若干の差異があります。自社でどの分野の文書の翻訳を依頼するにしても、その専門知識をきちんと持っている翻訳に依頼しましょう。

アルファベット

プライバシーの厳守

ビジネス文書として、提出した資料には社外秘のものもあるかもしれません。その為、クライアントのプライバシーがどのように厳守されるのかも大切です。資料の保存や管理がきちんと出来ていない翻訳会社なら避けるべきでしょう。逆に、資料の保存や管理を明記し、守秘義務契約を行ってくれる翻訳会社なら安心してもいいです。

翻訳を導入する際の流れ

男の人

お問い合わせ

まずは、翻訳会社のホームページからお問い合わせください。電話やメールなどで対応しています。

プラン説明

利用したい言語や時間、内容、想定件数などをヒアリングした後に、担当スタッフがサービス・プランの説明を行ないます。

見積もり

サービス・プランを選択し、それに基づいて業者が見積りを出します。見積り内容をご確認の上、ご検討ください。

契約成立

条件に納得ができたら、契約成立になります。再確認のためにも、サービス・プランの利用方法を説明してもらえるので、ご不明な点があれば担当スタッフに確認するといいでしょう。

サービス開始

多言語翻訳サービスがご利用できるようになります。サービス・プラン内容に基づいて、多言語翻訳をぜひ活用ください。